デスミュ感想&レポ2015



デスミュ観てきました
発表当初こそは「ちょwwwwデスノでミュージカルてwwwwwww」というスタンスでしたが
我らが大天使Lちゃん役が小池徹平ちゃんで掌を返しました
何を隠そう徹平ちゃんはマイパーフェクトフェイス部門で殿堂入りしていて
デスノにハマっていた当時からずっと好きだったという運命感じるキャスティングにテンション上がらないわけがない
4、5ヶ月前からチケットを取り公演日を楽しみにしていた…


結  果  大  当  た  り  で  し  た


んんんんんんLちゃんLちゃんLちゃんんんんんんんん!!!!!!!!
天使天使天使天使天使いいいいいいいいいい!!!!!!!!
どうしよう10年経っても色褪せずLちゃんが好きだし惚れ直したし愛してるんですけど!!!!


徹平Lちゃんがマジ天使くそかわすぎて買う気なかったのに生写真セットとクリアファイルとパンフ購入余裕でした
原作オタ的には多少シナリオで「えっ?」な部分はあるけどあの原作(1部まで)を2時間45分でまとめてたし
何よりミュージカル部分がめっちゃいい、曲もいいし歌も上手いし極めつけは生オーケストラなんですよ!
迫力あって超引き込まれた!
劇とかミュージカルってほぼ人生初だったんですが予想以上によくてお金と時間が許すならもう2、3回観たい
S席いちまんさんぜんえんなんですよ…2回で限界だった…

この興奮を1人でも多くの方に伝えたいがためにド長文で叩きつけます!!
Lちゃんクソ萌え大爆発シーンベスト3もイラスト付きで大解説!!!

L

主役ライトを差し置いてまずLちゃんを語らせてください
徹平ちゃんって時点で顔面が1000点すぎて文句のつけようがないんですが演技・歌も文句なしすぎた
リンド・L・テイラー使ってライトあぶり出した時に画面に「L」だけ出て、そこで初めて徹平Lの声が登場した時

あ ま り の エ ロ さ に 時 が 止 ま っ た

声…声エロイイイイイイイ!!!!低音!!!けだるげ!!!!
基本的に腰曲げて老人みたいにゆーったりな動作なのに急にバッ!!と振り返ったり
機敏になるところが動物的すぎてアアアアアアアア
カワイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!
徹平Lのお姿初登場シーンは床に座ったまま歌ってるんだけど
途中から起き上がる時のポーズもですねええええええええ獲物を狙う動物みたいでええええええええ



私のL像は中性的でくそかわ天使だけど長身で体つきはしっかり男なので映画版松ケンLの体型は完璧でした
徹平Lは小柄なんだけど顔面が本当にド理想だからその小柄さが可愛くて可愛くて抱きしめて守りたい可愛さ
終始萌え袖だし外出用にジャケット着てる時も萌え袖がずっと見えててホントなんなの女子なの
あの萌え袖装備の純白シャツを守る漂白剤に私はなりたい
あと服装といえばジーパンの膝部分が破れてたのが衝撃でした
だ…ダメージジーンズ!!B-BOY…

原作で話題沸騰だったライト対Lのテニスシーン、ミュージカルでもあります
しかもお笑い成分が消失し普通にかっけえ!!な出来でワロタ
機敏L・腰チラLが堪能できて最高でした(笑顔)

クソ萌えシーンベスト3は後述します

ライト

ライト役はWキャストでどっちも観ました
柿澤さん、現代的なリアル感があって台詞も明瞭で凄く聞き取りやすい
声の質が徹平ちゃんと遠かったから月Lユニゾンがわかりやすくて綺麗
浦井さん、原作ライトのナルシストさがよく出てる
優等生からどんどんナルシって堕ちてく感じが上手かったし歌も超うまい
それぞれよかった

ミサとレム

ミサ役の唯月ふうかちゃんは将来有望すぎるので皆さん注目した方がいいです!!
可愛くてスタイルもよく更に歌がごっさうまい
ミサはアイドルとして既に活躍してる設定で、アイドルコンサ風のきゃぴきゃぴな歌い方、
捜査本部で監禁されライトへの愛と忠誠を誓いLへ憎しみを向ける情感こもった歌い方、バラードでの美しすぎる高音、
若干18歳にしてこの豊かな表現力 凄すぎる

そして
ミサレムが激アツすぎてもうね!!
レム役の濱田めぐみさんは元劇団四季なだけあり歌は勿論のこと所作の美しさ、気品がダンチ
監禁シーンでミサがレムに「殺して」からのデスノートの所有権を捨てるところ、
ミサは十字型の拘束具に張り付けられてるんですが、記憶と意識を失って脱力しているミサの足下にレムが跪き
ぎゅっ…と抱きしめながら歌うシーンがアアアアアアアアアアア!!!!!!!!涙涙!!!!
聖母!!!死神なのに聖母!!!!



リュークが悪ふざけでミサを後からマントで包んで抱き締めたのをバシッと叩いて離し
今度はレムがミサを包み込んで守ってあげてるところも超萌えた〜〜〜〜ミサレム〜〜〜〜


リューク

吉田鋼太郎さん演じられてたんですがさすがの迫力と存在感
何かする度に会場から笑いが起こってたのもすげえなと
ミサのアイドルコンサに紛れ込んでシャカリキにクラップしながら歌ってたのはワロタ

捜査本部の面々

相沢、松田、模木、伊出(宇生田がいたか思い出せない)というおなじみの面々
どれが誰かはわからないが、そんな彼らなにりにも見せ場があり
家族や命を捨ててでもLについていくかどうか歌いながら心情を吐露します

「俺には娘がいる〜まだパパが必要な年齢〜♪」

これは相沢か…原作でも迷ってたもんな…

「母が心配だ〜たった2人の家族〜俺がいなくなったら誰が面倒を見る〜♪」

原作でもそんな感じのこと言ってたキャラいたような…模木か伊出かな…


「俺も迷う〜子供が生まれたばかり〜♪」


松田!!!???????

消去法で松田しかいないけどいつの間に一児の父になってんの!!??

松田パパ化が衝撃過ぎてそのシーン全て持って行かれた
2回目の観劇の時、後ろの席の限りなくお仲間な2人組も「松田!?」とざわついてたレベル

シナリオ

第1部

ライトがノートを拾いキラになる ⇒ リンド作戦、L登場 ⇒ FBI投入即死亡
⇒ 捜査本部本格始動、夜神さんの息子さん怪しくないっすか?5%の確率で?
⇒ 夜神家監視カメラ(台詞説明のみ)で疑いを深めるL ⇒ ミサがノートを拾う

第2部

ミサ、キラに会いたいがために死神の目の取引 ⇒ 第2のキラ登場ニュース ⇒ L、ライトがキラだと確信し大学入学
⇒ ミサとライト、秘密のメッセージを介し出会う ⇒ 尾行していた捜査員をミサに殺させる
⇒ ライトがキラ、ミサが第2のキラだと疑い深める ⇒ テニプリシーンから監禁までの流れは原作準拠
⇒ ミサ、ノートの所有権捨てる

……………
……


さてここからラストへ向けて
怒濤の超展開が始まります
長くなりますが解説していきます

ノートの所有権を捨て記憶を失ったミサ
細かい流れ忘れたんですがとにかくミサを想うレムがライトの意のままに
Lの名前と死の前の行動をノートに書いてしまうのだった

決戦の夜、なかなかに端折った推理でライト=キラと確信したLは
「お前の正体を明らかにしてやる」と埠頭の倉庫にてライトと対峙
リュークはテンションMAXで
「いや〜〜楽しくなってきたな!!」とウキウキウォッチング
しかし既にライトの方が一歩上、死の前の行動を操られ銃を持っているLは
「死神を見せろ」と脅迫
ノートに触れリュークを見られるようになる
死神に驚きながらもライト=キラが確固たるものになる中、Lが死ぬのが分かってるライトは
余裕綽々で種明かしを開始
Lに一発腿を撃たれるのもシナリオのうちだった

月「キラと決めつけ脅迫するLとやり合った証拠として撃たれてみました!
  これであとはお前が消えれば捜査本部のトップになれる、警察すら掌握するキラの時代だ!!
  HAHAHA!!」


無言で銃口をライトに向かせ続けるL
ライトは笑い狂いながらLに近づき腕を取り、銃口をゆっくりとLのこめかみにセットするのであった

そして死の時間到来…

L「まだ終わりじゃない……これからだ」

バーン(死)

し…しんだ

月「いやー邪魔者も消えたしキラ先生のますますのご活躍楽しみだな!なあリューク!」

Lが死んで機嫌良く高笑いするライト、その目には明るい未来しか映っていなかったことだろう
しかし数秒後彼は予想だにしない角度から突き落とされる


リューク「でもなあ…俺もう飽きちまった」


月「………えっ?」

………えっ?

リューク「ノートに犯罪者書いて殺して…毎日毎日またそれっしょ?
     つまんね〜〜もう飽きたし〜〜〜
     お前マジないわ〜〜〜〜死神は退屈が大嫌いなんです〜〜〜
     えーノートに夜神月っと…バイバイありがとうさようなら〜〜〜〜」

!!!???

月「いやだあああーーーー!!!死にたくないーーー!!僕は新世界の神っ…(死)」

………………
………


Lとライトの死体を足蹴にし見下す、冷徹な死神ことリュークさんが最後の一言


「なんも残んねえ…なんにもなんねえ…そういうのが死神は一番嫌いなんだよ…
 神だなんだほざいてたけど最後は人間らしく無様だったな…ぺっ」
(ほぼ原文まま)


リュークどうした!!!!???



倉庫始まりはあんなにも楽しげだったのに
背筋も凍る掌返し!!これぞ死神!!
すげえ気まぐれだぜリューくんさん……
あれか、あんまりリンゴ与えて貰えなかったからか 手懐けに失敗したか

って一緒に観劇した友人とも議論した部分だったんですが、今ふっと思ったのが
もしかしてライトがレムに書かせたこれから起こるLの死のシナリオの内容を知らなかったのかもしれない
ライトとリュークっていつも一緒のワンセット、少なくとも劇中ではそうだったから、たまたま側にいなかった可能性もある
それでいざ目の当たりにしたシナリオがお粗末でチッつまんねーと呆れ果てたのかもしれない
いやまあどうなんだろうね!!
少なくとも仮にそうだとしても、今後のキラ先生の活躍を地味と判断し見切るのが早すぎないかとね!!

そして
「まだ終わりじゃない…これからだ」という最期の決め台詞がただの捨て台詞になってしまったLさんについて話そうか
こんなイケてる台詞残すくらいだから最後の最後にもう一捻り、L側のトラップが仕掛けられてると思ったら
何もなく終わりだったよ…これからなんてなかったよ…どういうことだってばよ…描かれはしないがニアメロのことなのか…

友人曰く「どうせなら映画版みたいなラストがよかった」とのことでI think so too.
Lがノートに自分の名前を書いて先手を打つ!自らの命を犠牲にしてでも悪を許さない!正義を貫く!
ミュージカル版ラストだと一番の肝であるL対ライトの要素がなんか薄かったんですよね
明確に顏付き合わせてバトったのはテニプリシーンくらいだったような


さてリュークが唾吐いて去って行った後ももうちょっとだけ続くんじゃ
Lとライトの死体の周りにモブ役の方々が集い賛美歌のような厳かな歌を歌い始めます
暗闇の中、ミサがセットの2階から砂となったレムをサラサラと落としている姿にのみスポットライトが当たり
砂がキラキラ光る切ない演出……そのまま終演

…するんですが、幕も特に閉じず、暗闇の状態から舞台がパッと点灯したと同時に
長いことピクリともしなかった死体2体が元気にガバッ!!と起き出し笑顔でカーテンコールしてるのにはワロタ


大天使Lちゃんのクソ萌えシーンBEST3

やってまいりましたこのコーナー!!
ただでさえ天使のLちゃんの可愛さが留まるところを知らず限界突破したシーンを厳選しベスト3として大発表!!

まずは第3位!!



監禁ミサを飴舐めながら眺める姿!!

十字型拘束具に監禁されるミサが舞台1階にいて、Lは2階
2階は柵になってて、そこに気だるげにもたれながら瞳孔見開いてミサを無言で見つめ続けるL
エロさああああああああああああ有罪!!有罪ですぞ!!
たまに少し体勢を変えるのが「ふーん…で?言い訳は済んだか?」というが如くのドSオーラでたまらんですぞ!!
Lミササンキュー!!


続いて第2位!!




初登場シーン、大量のPC画面映像をバックに
「リンドの件で大体の犯人像はついてる、この情報を駆使して必ず捕まえてやる」と背中で語りながら歌い上げるL




一瞬無音になり、バッ!と振り向いて一言






ぎゃあああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(憤死)


かっ かっ かっこよすぎだろバカヤロー!!!!!!

歌いながら登場したため実質の初台詞はコレな訳です
もう掴みはOKどころの騒ぎじゃない…
本当にクソイケだった…L様…L様…ありがたや…



そして堂々たる第1位!!


L、捜査本部の面々に初顔出し
皆が「これがL…!?」とざわつく中、
どこ吹く風でマイペースにお菓子を取り椅子に横座り




か ら の 足 ぽ り ぽ り


ぎゃああああああああああああああああああああ!!!!!!!!(完全昇天)



おいおいどこまで可愛ければ気が済むんだよ!!!

なにその仕草!!MAXモテ仕草!!可愛いの塊がここにいますよ!!
無駄に横座りして無駄に足ぽりぽり、別に正面から座って例のL座りだけでもいいんじゃないの?と思わせるが
あえてやらせた監督にGJの嵐!!!!
いやーあれは本ッ当に可愛かった…ずっとLちゃん目で追ってた…
松田と思われる一児の父に「甘い物食べてる…」と突っ込まれ「食べますか?」と顏と体めっちゃ近づけて
お菓子の袋渡すところも超キャワだった…

総評

 _人人人人人人人人人人人人人人_
>                       <
>  ありがとう                <
>  デスノート The Musical!!     <
>                        <
  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


back to index